食べた後に磨く習慣

カスが残らないように

食べた後は、必ず歯を磨かなければいけません。
1回でも怠ると食べカスが溜まって、バイ菌が繁殖しやすくなります。
昼は外出しているので、これまで磨けなかった人がいるでしょう。
そのような人は、コンパクトな歯磨きセットを購入してください。
カバンに入れても邪魔になりませんし、洗面所に行けばすぐ歯を磨けます。

会社にいる時も、歯を磨くことを習慣にしましょう。
どうしても歯を磨く時間を確保できない場合は、口をゆすぐだけでも構いません。
それでも口内の汚れを少しは落とせるので、虫歯や歯周病の予防になります。
その代わり朝と夜は、しっかり磨いて口内の清潔な状態を維持しましょう。
なるべく口内に食べカスが残らないよう、間食も控えてください。

使用している歯磨き粉

フッ素という成分は、歯に汚れが付くことを防止してくれます。
できだけ口内にフッ素が残るように、それが含まれている歯磨き粉を使ってください。
良い歯磨き粉を選択することも、正しいブラッシングに関係しています。
しかし歯磨き粉には研磨剤が含まれていることが多いので、使いすぎには気を付けてください。

1回の歯みがきでたくさん歯磨き粉を使うと、少しずつ歯が削れてしまいます。
歯磨き粉は少しでも十分なので、1センチぐらいを目安にしてください。
刺激がある歯磨き粉を苦手にしている人が見られますが、その場合は低刺激タイプの歯磨き粉を使うのが良い方法です。
これからは購入する前に、フッ素が配合されていることをまず確認しましょう。


この
記事を
シェア

TOPへ