余計な傷をつけないように

優しい力でも十分

歯は、優しく磨くことを心がけてください。
それでも、汚れを落とすことはできます。
むしろ強い力を入れて磨くと、歯を傷つける恐れがあるのでおすすめできません。
歯に傷がつくと、傷の中に汚れバイ菌が入ります。
奥まで入り込むと普段の歯磨きでは落とせなくなるので、もっと汚れが溜まったりバイ菌が繁殖したりします。

歯ブラシを歯に当てて、毛先が広がっていないか確認しましょう。
毛先が広がって背中側から見えている場合は、力が強すぎると判断できます。
それよりも、弱い力で磨いてください。
また歯ブラシがボロボロになったら、交換しましょう。
歯ブラシを交換する目安は、1か月です。
ボロボロの歯ブラシを使うと、歯や歯茎を傷つけるので注意しましょう。

毛先の固さを確認しよう

いつも歯ブラシを購入する時に、毛先の固さまで確認しているでしょうか。
パッケージに柔らかいと書かれている歯ブラシなら、使っても大丈夫です。
固いと書かれている歯ブラシだと、歯を傷つける恐れがあるので使わないでください。
柔らかい歯ブラシだけで、本当に歯の汚れを除去できるのか不安に感じる人もいると思います。

それだったらよりブラッシングの効果を発揮するために、糸ようじやマウスウォッシュを使ってください。
ブラッシングした後にそれらを使うと、より口内が綺麗になります。
様々な道具を併用することが、虫歯や歯周病予防に繋がると覚えておきましょう。
使用する順番は最初に歯ブラシ、次に糸ようじで最後にマウスウォッシュです。


この
記事を
シェア

TOPへ