システムのランニングコストは?
2017.05.24

名刺を取り出す男性ハイクオリティかつ低コストな名刺を発注するためには、オンラインの名刺発注システムを利用することがおすすめです。作業効率化やコストの見直しにも効率的な名刺発注のWEBシステムですが、これまでにシステムを利用したことがない場合「ランニングコストがかかってしまうのでは?」、「システム管理が大変そう、費用もかさみそう」など不安を感じてしまうのではないでしょうか。

オンライン上のフォームから名刺発注を行う専用システムでは、導入費・ランニングコストなどがかからないことが大きな魅力です。まず、作業がWEBで完結するということは、専用ソフトを購入する必要がないということです。法人・個人とも、会員登録をするだけで、システムを利用できます。いつでも思い立ったときに使い始めることができるため、すぐに名刺が必要なシーンでも活躍するでしょう。さらに、どの端末からでも専用ページを閲覧・編集でき、社内のすべてのパソコンにソフトをインストールしなければいけないなどわずらわしい手間もありません。

発生するコストは、実際に名刺を印刷する際の印刷費用のみ。システム上で会員登録をしたからと言って、ランニングコストが発生することはありません。導入費・ランニングコストともかからないサービスは、、コスト削減に悩む企業にとって強い味方と言えるでしょう。

また、一度発注した名刺のデータは、システム上に保存されます。「以前、発注した名刺とまったく同じものを再度部数を増やして発注したい」という場合にも、保存済みのデータから選ぶだけなので、担当者との不要なやりとりなどもなくスムーズに進められます。場合によっては即日発送も可能なため、早急に新しい名刺を用意しなければいけないときにも役立ちます。登録した会員IDとパスワードでアクセスすれば、どの端末からも素早く同じデータを共有できるというのも、魅力の一つ。外出先からスマートフォンやタブレットで発注することも可能です。もしくは、社内の担当者へ「この名刺を○枚発注しておいてほしい」と頼むこともできます。

名刺発注を企業で行うときには、どうしてもコストを無視することはできませんよね。だからと言って「できるだけ安い費用で印刷しなければ」と過敏になりすぎることで、社会人の顔とも言える名刺のクオリティが下がってしまうのは寂しいものです。ランニングコストも含めて、できるだけ安く抑えたいときにはシステムの見直しからはじめましょう。便利なシステムを利用することで、作業効率をアップさせながらコストカットができるとあれば、使わない手はありませんね。

▲ ページトップへ