WEBで発注するメリット
2017.05.24

名刺を受け取る男性名刺を作成するときには、デザイナーに理想のデザインを作成してもらったり、印刷所と見積もりや校正などのやりとりをしたり、さまざまな手順を踏まなければいけません。しかし近年、名刺発注をWEBで完了できるシステムが人気を集めています。インターネット上のシステムにアクセスするだけなので、導入費やランニングコストは基本的にかかりません。操作も簡単で、システム上に必要な情報を入力し、プレビュー画面で確認しながら編集・校正するだけ。専門的な技術は必要なく、シンプルな作業で発注まで進むことが可能です。注文確定後は、即日納品が可能な場合もあります。手軽さとスピーディな対応力が、名刺発注システムの大きなメリットです。

印刷するタイミングや企業によって、名刺の品質にはばらつきが起きてしまうことがあります。例えば、上司はA社で印刷をし、新入社員はB社に印刷をお願いしたとします。まったく同じデザインを、同じ形式で保存し入稿したとしても、色彩の雰囲気や解像度など、仕上がりがまったく同じになるとは限りません。場合によっては、低コストな名刺発注の企業の方が、ハイクオリティな仕上がりになることもあります。不要なトラブルや不信感につなげないためにも、個人の顔となる名刺はなるべく同じ品質で仕上げるべきです。WEB上の名刺発注システムに登録しておくことで、いつでも一定のクオリティの名刺を用意できるような体制を整えておきましょう。

また、名刺発注システムでは一度印刷したデータが履歴として残ります。名刺を補充したい場合には、以前に発注したデータを選択し、枚数を設定して再度発注するだけ。補充のたびにデータを作成し、送信し、企業の担当者とやりとりを重ねた上でようやく発注…という手間がかかりません。オンライン上で注文完了まで進むことができるため、深夜に「すぐ必要になるのに、名刺の発注を忘れていた!」という場合にも焦らず対応できます。名刺発注システムを使わない場合には、印刷会社の営業時間を待ってやりとりをしなければいけませんが、WEB上のシステムならば24時間発注できます。クラウドタイプのシステムならば、職場のパソコンはもちろん、自宅のパソコンやスマートフォン、タブレットからもアクセスできるのがうれしいですね。

このように、名刺発注システムは作業効率化からコストカットまで、あらゆるシーンで役立ちます。システムを展開する企業も増えており、それぞれに料金やサービスなどの詳細は異なります。より魅力的に感じられるシステムを、探してみましょう。

▲ ページトップへ