普段のブラッシングを見直す

すぐにクセ付けたいブラッシングとは

丁寧にブラッシングを行おう

毎日歯磨きをしていても、しているつもりになっていたら意味がありません。 そこで、歯磨きに時間を掛けてください。 それが、正しいブラッシングだと言われています。 また、使っている歯ブラシもこの機会に見直しましょう。 使いやすい歯ブラシを選択することがコツです。

雑に終わらせないこと

歯ブラシの毛先を使って、丁寧に汚れを落としていきましょう。
さらに歯の表面だけでなく、裏側や歯と歯の間、歯と歯茎の間も磨かなければいけません。
特に歯と歯の間や、歯と歯茎の間は汚れが溜まりやすい部分です。
丁寧に、時間を掛けて磨いてください。
使用する歯ブラシもこだわりましょう。
握りやすいことや、奥歯まで歯ブラシを入れやすいものを選択するのがおすすめです。
様々な製品を比較して、自分に合う歯ブラシを探しましょう。

軽い力で歯ブラシを動かすことが、正しいブラッシングです。
強い力を入れて擦る人がいますが、すると歯を傷つけるので絶対にしないでください。
歯に傷がつくとバイ菌や汚れが侵入し、普段の歯磨きだけでは落とせなくなります。
また歯ブラシの、毛先の柔らかさにも注目しましょう。
パッケージをよく見ると、固いと書かれていたり柔らかいと書かれたりしていることがわかると思います。
柔らかい歯ブラシで磨くことで、歯を傷つけずにブラッシングができます。

食後に、ブラッシングをする習慣を身に付けてください。
食べた後は、特に口内が汚れています。
放置すると虫歯や歯周病の原因になるので、昼食の後でも磨いてください。
コンパクトな歯磨きセットがあるとカバンの中に入れて、いつでも歯を磨けるので便利です。
また歯磨き粉は、フッ素が含まれているものを選択しましょう。
すると磨きながらフッ素で歯をコーティングできるので、汚れが付くことを防げます。

余計な傷をつけないように

強い力で擦ったり、固い歯ブラシを使ったりしていると歯が傷ついてしまいます。 そこにバイ菌が侵入して、落とせなくなるので気を付けてください。 優しくブラッシングすると、歯にダメージを与えることはありません。 安全に歯磨きができるので、力加減を覚えましょう。

食べた後に磨く習慣

1日3回は、歯を磨くことを習慣づけてください。 朝と夜は磨いているけれど、昼食の後は時間がないことを理由に、磨いていない人が見られます。 しかし食べた後にそのままにすると、食べカスが汚れになって口内に溜まっていくのでしっかり磨かなければいけません。

TOPへ